流産後の妊娠45歳

45歳前後の年齢で、流産後に妊娠・出産した方は多くいます。
ただ、30代と比較すると妊娠率は低くなることは事実。

不妊治療の補助金も「39歳の年齢制限」が検討され始めたのも、
データとして確率が低くなることが理由にひとつです。

ただ閉経さえなければ妊娠は可能ですので、
あきらめることはありません。

<参考>
流産後に40代で妊娠した体験談(6ページから記載あり)
>>不妊症・不妊治療を自宅で改善出来る妊娠成功ガイドブック


流産・不育症から「妊娠維持力」をつける!

>>【公式サイト】はこちら<<

流産・不育症からお腹の赤ちゃんがぐんぐん育つ「妊娠維持力」をつける!
不妊症・婦人疾患治療院「 アキュモード 院長 北村先生」が公開している不妊症改善ケア
北村先生は10年間不妊症・婦人疾患治療院の院長をしながら、流産・不育症の悩みを抱える多くの方たちと日々向き合ってきました。
一般的な西洋医学ではなく、視点を変えた、
「妊娠しても流産しにくい体質をつくる」内容となっています。
ご自身の体の不調に耳を傾け、ちょっとだけ手を加えてみてください。普段の生活をちょっと変えるだけで、ぐっと効果があがることもあります。
内容に自信があるので返金保証あり。

>>【公式サイト】はこちら<<